うれしいあかし年賀状|松山市の鍼灸院|半身不随、うつ病、がん、不妊症

中医鍼灸 越智東洋はり院

0899575997

営業時間 9:00~12:00/13:30~19:00(祝日は12:00まで)
休診日  日曜日・祝日午後

産婦人科系

うれしい年賀状 ━ 鍼灸と不妊症

産婦人科系 2016年01月07日

今年届いた年賀状の中に大変喜ばしい内容のものがありました。

それは2年ほど前に転勤で東京へ移られた患者さんからの年賀状です。

その写真の中になんと赤ちゃんと両親がたのしそうに写っているではないですか。

大変うれしかったので、ご紹介します。

 

体質改善の重要性

この患者さんはもともとは、「黄斑部変性」という目の病気で来られていた患者さんです。不妊証と言うことでの治療はしていませんでした。しかし、お子さんについては時々速く作らないと年齢が上がるごとに自然妊娠は難しくなることはお話していました。患者さんは、体質的に余計な水分がたまりやすい体質で、そのことが冷えの原因になっていました。女性に多く見られる体質の患者さんでした。
治療の目的は、眼の循環を改善すると共に身体を温めて内臓の働きをよくするつぼを加えた治療を行っていました。つまり、不妊症の治療と言う特殊な治療ではなく、黄斑部変性の治療と体質改善を目的とした治療を行っていました。

同病異治と異病同治

これは中医学の特徴である「同病異治」・「異病同治」が体現されたという例です。実際の臨床の中ではよく見られることです。

患者さんは黄斑部変性症で来院していたのですが、治療はその患者さんの診断から得られた「証」に従って治療します。当然その患者さんの全体を診て治療法を決定します。体質を含めた治療となることから、不妊症にも効果的な治療となっているということです。

 

思わぬ妊娠

1年半ほどたって眼の状態もよく、体質もよい方向へ変化してきたなと思っていたころに、「先生妊娠しました」と告げられました。本人も妊娠しにくい体質と言うことは知っていたらしく、思わぬ妊娠に戸惑っているようであまりうれしそうにないので少し気にはしていました。

それから暫くしてつわりがひどくなり、つわりもやっと落ち着いたなと思っていた矢先の流産でした。

妊娠時の戸惑いは、以前にも流産したという経験があるのかな?。ふとそのようなことを考えました。しかし、本人も話したくないようですのであえて聞かないことにしました。患者さんの主訴は黄斑部変性です。そのこともあり、今の地天では聞かない方がよいと判断しました。

しかし、流産したのですから、それに対してはきちんと対応しなければなりません。身体はもちろん弱っているし、精神的にも身体的にも整えなければ眼の方へも悪影響が及びます。

このときから、腎を中心とした生殖器を元気にするちりょうにも重点を置くようにしました。

そしてその治療を続けているころに、転勤という連絡をいただきました。

 

思わぬ年賀状

転勤してから2年以上はたつかと思いますが、今回妊娠しましたという大変うれしい年賀状が届きました。

大変うれしそうな笑顔と元気そうな赤ちゃんが写っています。急いでお返しの年賀状を書きました。

今回の妊娠は、体質改善の治療を継続して行っていたことが、妊娠に適した体質に改善できたのではないかと思われます。

このような全身の体質を改善することは結局は妊娠に適した体質に改善できるのだと言うよい例だと思います。

最後になりましたが、oさんおしやわせに。
中医鍼灸 越智東洋はり院

ページトップへ